カテゴリ:人権擁護法案( 5 )
人権擁護法案可決を阻止せよ!#5 Turn chapter
Excite エキサイト : 政治ニュース

人権擁護委員に国籍条項 国会提出へ推進派一致 (共同通信)

 政府が今国会への再提出を目指す人権擁護法案の自民党内での調整が難航している問題をめぐり、人権侵害の調査などを行う「人権擁護委員」は日本国籍を持つ者に限るとの「国籍条項」を新たに盛り込む修正案が14日、自民党内で浮上した。
 了承を見送った10日の自民党法務部会で「人権擁護委員に在日外国人が就任でき、特定の国、団体の影響を受ける可能性がある」との異論が相次いだため。法案を推進する自民党の議員連盟「人権問題推進懇話会」(会長・自見庄三郎元郵政相)は14日の会合で、党内手続きを進めるために国籍条項を加えるべきだとの認識で一致した。
 ただ党内には「人権侵害の定義があいまいだ」として法案の抜本見直しを求める意見も多い。



先日、この法案は先送りされるかと思いましたが、
まだ足掻いてる先生方がおられたみたいですね。まだ、何が問題かご理解されてないようで
国籍条項を加えればそれだけでいいとでも思っているんでしょうか。
勘違いもいい所です、国民を馬鹿にしてますね。
まだ、差別的言動についてよく議論されてないし、マスコミに対する帰省についてはどうなったのでしょう。
どうしても急いで通さなきゃならない理由でもあるんでしょうか?
俺には、こういう態度をとられるとネットでの言動(書き込み等)を何が何でも規制しようとしているとしか考えられない。
是非、法案反対派の議員国士の方たちにはより一層のがんばってほしい


【反対Flash】
人権擁護法案への意見
人権擁護法案の意味を知ること
人権擁護法案反対Flash その2
[PR]
by 8gi-meimei | 2005-03-14 23:04 | 人権擁護法案
人権擁護法案可決阻止せよ!#4 Termination declaration
Excite エキサイト : 政治ニュース

人権擁護法案提出先送り 自民党内に異論続出 (共同通信)

 自民党は11日午前の役員連絡会で、政府がメディア規制条項凍結などの修正をし、今国会に再提出する予定の人権擁護法案について、党内論議が十分尽くされていないとして、提出を当面先送りする方針で一致した。与謝野馨政調会長が「皆さんの懸念が払しょくされない限り(今国会に)法案を提出しない」と明言、党内調整に努める考えを示した。
 政府は15日の閣議決定を経て国会提出する方針だったが、10日の自民党法務部会で「人権侵害の定義など内容にもあいまいな点が多い」などと問題視する意見が続出。
 役員連絡会でも古屋圭司党改革実行本部長代理らから「メディア関連条項をどうするかを含め、ほとんど議論されていない。人権救済機関の人権委員会には国籍条項もない。重要法案であり、しっかり議論し、修正すべきは修正すべきだ」などの異論が出た。


自民党も馬鹿ではなかったようですね。
しかし、「ほとんど議論されていない」とは、ネットで話題にならなかったらすんなり通していたんでしょうか。
もしそうだとしたら、後ろに黒いものを感じざるを得ないのですけど。ホント恐ろしい。
でも、今回の件でネットの凄さ、いや、怖さと言うものを痛感した。
多数の原理により押し切られ正しいマイノリティの意見さえ淘汰され得ない。

諸先生方にはしっかり開かれた議論をしていただき突っ込みどころのない人権擁護法をつくっていただきたいものです。
[PR]
by 8gi-meimei | 2005-03-11 15:23 | 人権擁護法案
人権擁護法案可決を阻止せよ!#3 Clear and present danger
自民党「人権問題等に関する懇話会」メンバー・実務担当の熊代衆議院議員へ
再びMailしました。


差出人 : 俺
送信日時 : 2005年3月9日 14:34
宛先 : kumashiro@msj.biglobe.ne.jp
件名 : Re:人権擁護法案について

熊代昭彦先生へ
先日、人権擁護法案についてMail差し上げたmeimeiというものです。
ご返事ありがとうございました。大変すばやい対応でしたので驚いております。
さて、どうも私の言いたかったことがうまく伝わっていなかった、
また私のほうも多少曲解していたため、もう一度法案を読み直した上でご意見申し上げます。
そもそも私も人権擁護法案自体反対ではありません。人権を守るのは大変素晴らしいことです。
ただ、今回の法案では法の穴ともいえるような問題点、矛盾点がありすぎるので
法案をもう一度吟味した上で「国民の知る権利」に則り情報の公開を求めます。
その問題点とは、人権委員会のメンバーの判断が適切か否か、われわれ国民が判断する機会が与えらておらず
裁判官のように、国民が罷免する権利が認められていない点です。
法案の中で差別、人権侵害の定義は明記されていません。これにより、人権委員会は
独自の判断によって行動する事になると解釈しますが、これは言い換えれば委員会メンバーの
主観に左右されやすいという事になると思われます。そのため一度間違った方向に進み始めたら止まらないという恐怖があります。
上記した権限と責任義務のバランスが崩壊している点をもう一度お考え直しいただきたいと望みます。
また、この法律はマスコミに対する制限が削除(凍結)されておりネットにおける表現の制限を狙ったようにも考えられます。
確かにネットには人権を侵害する書き込みもあるかもしれません。それは認めます。しかし、日本のマスコミは言論の自由を楯に、
好き勝手に歪曲した報道を垂れ流しています。ネットでの発言が規制されたら、我々は偏向報道にどう対抗すればいいのですか?
まずマスコミに対して規制を設けるべきではないでしょうか?
差別を受けている人を救いたいという気持ちは理解できます。私も同じ考えです。しかし、差別とは何か、
明確な定義付けをして欲しい。そうでないと、今のままの法案では絶対に悪用する団体がでてきます。
また、マスコミへの規制を作って欲しい。差別を助長しているのはマスコミだということを忘れないでください。

以上私の稚拙な文を読んでいただきありがとうございます。
私の学のない頭では法案を解釈し切れていないかもしれません。が、私を含め多くの国民は
この、法案に対し何も分からない危機感、不安感、恐怖感を持っていることは事実です。

もう少し、この法案に対し国民に見える形で議論を重ねていただきたく、今国会での法案提出の先送りを望みます。
もう一度考え直し、是非次は以上のような懸念を払拭したすばらしい法案を考えてください。期待しております。

----------以上

ちょっと、今読み返すと変なことかいちゃったなぁ。お恥ずかしい。
法案には人権侵害の定義は明記されてました。俺が言いたかったのは差別言動の概念が曖昧だということ。
こういうメールを書いてると自分の低脳さを思い知らされる。
いっていることが抽象的過ぎて恐らく説得力にかけるんだと思う。本来はこんなので法を議論するべきではないんだろぅなぁ。法律は難しい。

でもまぁ、前回はすぐ返事が返ってきたのに。今回は1日経ってもまだ返ってこないところを見ると
もぅ、飽きられちゃったのかなぁ。残念
[PR]
by 8gi-meimei | 2005-03-10 23:26 | 人権擁護法案
人権擁護法案可決阻止せよ!#2 Sending a mail
サルでも分かる?人権擁護法案

俺の住む選挙区の議員が、「人権問題等に関する懇話会」メンバーだと知り
早速、この法案に対して以下のメールを送ることにした。

差出人 : 俺
送信日時 : 2005年3月8日 13:25
宛先 : kumashiro@msj.biglobe.ne.jp
件名 : 人権擁護法案について

くましろ昭彦様お疲れ様です。
岡山市在住のmeimeiという若輩者ですが私の意見を聞いてください。
「人権問題等に関する懇話会」メンバーでご活躍されていることですが、
昨日来法案を拝見しましたところ、人権擁護法には罰則が定められているようですが、これについても私は反対致します。
いかなる法でもそうですが、罰則を定めれば適用されるのは当然のこと、そしてなし
崩しに「効果がない、次はより実効性を持つ罰則を」ということになるのが目に見えているからです。
法を定めたとしても、確固たる信念を持つ保守系の論客が処罰によって自説を曲げる
とは思えず、結果本来存在すべきでない刑罰の厳罰化を招き、国を憂える発言をする
者が全て長期の投獄や財産没収によって潰される事態を招来すると思われます。そうした面からも人権擁護法には賛成できません。
将来的な世論、国論形成にも非常に有害です。
既存マスコミと違い、自分の意見が部分的に削除など歪曲されず、情報伝達の点で即
時性を持ち、若い世代に浸透しているネットの存在は国益にとっても非常に有益です。
そのネットで国民でなく、不当に特権を享受している外国人を批判しただけで「差別
ダ!」と攻撃を受け、処罰の脅威さえあるとなったなら、一般国民層は意見を口にす
ることを恐れ、わが国は二度と正常な国論を形成できなくなるでしょう。
最悪の事態です。
この件に関しては拉致問題・家族会の問題もあります。
総連は拉致問題は差別と言っており、この法律が施行された場合家族会が不当に差別
者として逮捕・処罰されることも十分に考えられます。
このように我々一国民が列挙するだけでも無数の問題点を有する悪法、国会提出など
とんでもないことです。
何卒お止めください。
もし提出されるおつもりであるのなら、私はもうあなたには投票しません。
ご考慮を願います。

----------以上

そぉしたら、驚いたことにすぐ返信が来ました。。。
返信早すぎ・・・。国会会期中で忙しいはずなのに、どうせ秘書あたりが見たのでしょぅ。


差出人 : Kumashiro Akihiko
送信日時 : 2005年3月8日 20:15
宛先 : 俺
件名 : Re: 人権擁護法案について

mail有り難うございました。貴方は刑法をご存じですか?一杯罰則が定められています。でも
むやみにそれを適用する裁判官はいません。厳格な構成要件を解釈や判例によって確立し、
正しい法律の運用がされているのです。罪刑法定主義、人権の尊重、憲法の精神を尊重しながら
厳格な法律解釈をして、国民の権利を侵害しないようにしてきているのが近代国家日本です。
共産主義の国ならば、権力者の恣意によってご指摘のようなことも有ると思いますが、法治国家日本
はそういう実態にはありません。私は筋金入りの自由主義者です。権力者も庶民も法の前には平等で
平等に裁かれなければなりません。それが「法の支配」です。私は法の支配の厳格な信奉者です。
人権を侵害される弱い人を法の支配で守るのが「人権擁護法案」目的です。強い悪人が弱い善人の
人権をさんざん踏みにじっても、罰さなくて良いのですか?もう一度真剣に法案を読んで頂きたいと思います。
我々は法案が確立する正義の原則を大切に守りたいと考えています。人間としての良心に賭けて恥じない
法案だと考えています。具体的に法案の中味に即してご批判頂ければ幸いです。マスメディアのいい加減な
意見ではなく、ご自身の良心にかけてご判断頂きたいのです。それではご活躍をお祈りします。050308TUE。
          衆議院議員 熊代昭彦


どぅも、俺の言いたいことが伝わっていない様子。。。
テンプレの選択を誤ったかなぁ。

>強い悪人が弱い善人の人権をさんざん踏みにじっても、罰さなくて良いのですか?

って、その強い悪人が人権委員会を牛耳ったらどうなるかってことがわかっていない
もしそうなった場合でも、この委員会を抑止する機関・法律などはまだ決まっていないため、委員会による圧政が懸念される。
委員会が差別と判断したら止める者がいない。在日や部落を批判する正当な言論他、外交問題においての北朝鮮、韓国、中国に対する正当な批判さえもが差別として恣意的に弾圧できるようになる恐れがある。これが一番危険なのである。

また、メールするつもりです。。。

■関連記事■
人権擁護法案可決を阻止せよ! Extraterritorial rights(俺ラボ)
人権擁護法案(言論弾圧)法案反対!
リアルタイム世論調査@インターネット
人権擁護法(案)
[PR]
by 8gi-meimei | 2005-03-09 03:48 | 人権擁護法案
人権擁護法案可決を阻止せよ! Extraterritorial rights
Excite エキサイト : 主要ニュース

人権擁護法案反対FLASH

人権擁護法案断固反対!!

人権擁護法

人権擁護法案成立反対FLASH

人権擁護法案反対バナー [440x60]

人権擁護法 断じて反対!


人権擁護(言論弾圧)法案についてはこちら←是非一読してください

差別と言う曖昧な定義の中、一部の人間により万人が平等に有する権利である
言論の自由を奪おうとする悪法が今、可決されようとしている。
「私は差別なんかしないからダイジョウブ」そう思われる方が多数だろう。
しかし、差別ってなんですか?ダイジョウブと言うその自信はどこからきますか?
それは、あなたの尺度で差別であるかそうでないかをはかっているからでしょう。
この法案では差別かどうかを決める機関は人権委員会である。
人権委員会がNOといえばNOなのである。
仮にその委員会に在日関係者、創価なんかがえらばれもしたら。(可能性が十分ありえるから怖い)
多くの書籍、掲示板などで言われているような批判が統制される。
また、ブログなどにも適応されるので恐ろしい。俺はよく中国や韓国の批判をブログや掲示板で行うが、そういった行為も規制対象となり得、俺の言論の自由はなくなる。
言論の自由と言うと真っ先に文句を言うのがマスコミだが、今回は大人しい。
それは、今回提出された法案については、「マスコミに対する規制」が凍結されるため、 マスコミによる前回のような激しい反対キャンペーンは見込めまない。
マスコミにしてみれば自分たちの批判を繰り返す2chのようなメディアを排除できるため
大々的に報じないのだ。自分らの利権のためなら市民はどうなってもよいと言う考え方。
あなたは赦せますか?これは、コクドやライブドアVSフジテレビの陰に隠れた、いや隠された事件です。

これは、平成版治外法権です。
まずは多くの人間が知ることが大事です。一部の差別利権享受者の思うようにさせてはいけません。
この記事を読まれた方は、出来るだけ多くの方に教えてあげてください。

[PR]
by 8gi-meimei | 2005-03-07 23:14 | 人権擁護法案