カテゴリ:F1( 2 )
オーストラリアGP Vicissitudes
いよいよ開幕をむかえたF1。開幕戦はオーストラリアGP

着     ドライバー    チーム     Time
1    G・フィジケラ    ルノー     1:24:17.336
2    R・バリチェロ    フェラーリ
3    F・アロンソ     ルノー
4    D・クルサード    レッドブル
5    M・ウェーバー   ウィリアムズ
6    J・P・モントーヤ  マクラーレン
7    C・クリエン      レッドブル
8    K・ライコネン   マクラーレン
9    J・トゥルーリ     トヨタ
10   F・マッサ       ザウバー
11   J・バトン       BAR
12   R・シューマッハ   トヨタ
13   J・ヴィルヌーヴ   ザウバー
14   佐藤 琢磨      BAR
15   N・カーティケヤン ジョーダン
16   T・モンテイロ     ジョーダン
17   P・フレサッハー   ミナルディ
18   M・シューマッハ   フェラーリ
19   N・ハイドフェルド  ウィリアムズ
20   C・アルバース    ミナルディ

以上のような結果になった。。。

予選から正直驚いた、ポールポジションを獲ったのはフィジケラ@ルノー
王者シューマッハ@フェラーリは振るわず18番グリッドからスタート
終わってみればフィジケラが逃げ切り、M・シューマッハはリタイア
表彰台をルノーの2台が占める結果となった。
大幅なレギュレーションの変更でタイヤ交換がなくなったこのレース
どのドライバーもタイヤがどのくらいもつのか気にしながら走ってるような感じを受けた
タイヤは限界、でも抜きたい。もし、少しでも膨れたら・・・その葛藤が伝わってくる。

この変更は見ているほうにはとても面白いものになったかもしれない
最後まで目が離せない。

強かったルノー陣。フィジケラは逃げ切り、3着のアロンソも13番グリッドからスタートして
この追い上げ、派手さはなかったがコンスタントに早いラップを刻んだ。
開幕戦を制するものはシリーズを制すると言われているが、どうなるか。

【G・フィジケラ】
イタリア出身 
1996年にミナルディからF1デビュー。
1997年にジョーダンへ移籍した後で、ベルギーGPでは2位を獲得。1998年にベネトンへ移籍、初のポールポジションと2度の2位表彰台を記録した。その後はベネトンが不調でマシンに悩まれる日々となる。
2002年から2年間はジョーダンに復帰
2003年のブラジルGPでは法廷までもつれ込むという苦いグランプリ初優勝を飾る。
しかし、2003年末にフェラーリエンジンを有するザウバーチームへ移籍。
2005年はルノーに移りオーストラリアGPで今回は文句なしの優勝を果たし
自身初めてのシャンパンシャワーの祝福を受けた。

次戦は3月20日マレーシアGPです。
[PR]
by 8gi-meimei | 2005-03-06 15:55 | F1
いよいよ Road battle
いよいよ今週末F1シリーズの開幕です。。。

去年に引き続き今年もレギュレーションが大幅に変更されて
どういうレースになるのかドキドキです。

そのレギュレーションのせいで出遅れをとっているのが
王者フェラーリ、新しい車の開発も出遅れてるみたいだし
ミハエルのコメントもなんか自信なさげ

今年の俺の注目は佐藤琢磨もそうだけど
トヨタのラルフかなぁ。

あー、今年も鈴鹿いくぞおおおおおおおヽ(´ー`)ノ
[PR]
by 8gi-meimei | 2005-03-03 22:47 | F1