六畳裁判
六畳裁判

何気ない日常生活の中に潜む「善」と「悪」。それは状況によって入れ替わるあいまいな認識でもあります。この番組では「善・悪の境界線」に真っ向から向き合い、検証していきます。演劇界の若手注目株である阿佐ヶ谷スパイダースの長塚圭史がドラマの脚本を担当、ちょっとシュールな新感覚のドラマです。

これは、おもしろい。わが故郷広島のTSSが製作したドラマ。
ローカル局が創った割にクオリティーも低くなく、見入ってしまう
是非、みてもらいたい。

内容は「善」と「悪」についてシュールに面白おかしく描かれています。
ローカルなキャスターやアナウンサーがところどころに出演してたりして
広島出身者は故郷の哀愁に浸ること必至!
我修院達也もでてるし我修院ファンは要ちぇき、チェキ。。。

俺は自分が善しとしてやったことは例え一般的にみれば「悪」でも「善」だと思う。
これはわがままを肯定する意見ではなく
自分をもっと信じて行動すべきだということを言いたい。
[PR]
by 8gi-meimei | 2004-07-20 23:47 | 今日の1ページ
<< 函館記念 pass a holiday >>